エンジニアの転職に資格は必要? 転職エージェントに聞いた真実

スポンサーリンク
キャリア
スポンサーリンク

「転職のために少しでも有利な資格を取得しておきたい…」

こう考えて資格を取得しようと考える人も少なくありません。

ただ、その資格が実際に有利に働かないのでは取得意義がなくなってしまいます。

本記事では私が実際に転職エージェントに聞いた情報をもとにお話いたします。

スポンサーリンク

エンジニアの転職に資格は必要か?

結論ですが、エンジニアの転職に資格は必要ではないです。

なぜなら資格よりも実務経験のほうが重視されるためです。

これは転職エージェントに実際に確認したので事実です。

例えば、次のAさん、Bさんがいたとしてあなたはどちらの人材を採用したいでしょうか?

  • Aさん:前職は建築土木関係で勤務。IT系企業に転職を目指し基本情報技術者の資格を所有。実務経験はなし。
  • Bさん:前職はIT企業勤務。キャリアアップを目指し転職活動中。SIerとしてプロジェクトリーダ経験あり。所有資格なし。

SIer : System Integrator(システムインテグレータ)の略称で”エスアイアー”と読みます。システム開発全般を請け負う企業や職種のことを差します。

転職エージェントの立場からすると、企業に紹介しやすいのはBさんではないでしょうか?

転職企業も採用企業との信頼関係があるため、できるだけ即戦力となりうる人材を紹介したいと考えるはずです。

こうなると「なんだ、じゃあ資格の勉強なんてしても意味ないじゃないか」と思われてしまうかもしれませんが、実際そうでもないんです。

実務基礎知識の底上げ

経験豊富なエンジニアは本当に多くのことを知っています。

必要な知識が洗礼されていき、自分の頭の中に専用のデータベースが出来上がっているイメージです。

また別の見方をすると、経験だけではどうしても出会わない知識があります。

次の図をご覧いただくとわかるのですが、”知らない知識”の領域に”実務で使用できる知識”があることがあります。

経験や先輩からの指導のみで手に入らない知識をひとまず拾っておくのに資格取得は有効です。

実際に私も何個か業務で使用できる資格を取得していますが、業務のベースとなる知識を総ざらいできるので、いまの業務に関する基本資格があればオススメです。

今の業務で数年経っているくらいが復習にもなりちょうどいいかもしれませんね。

実績を作るためのツールにする

資格取得の際には多くの時間をかけて勉強します。

社会人という時間のない中で勉強時間を確保し、実際に資格を取得する(=結果をだした)というプロセスにも意味があり、効率のよい知識取得と自己マネジメントができている証拠になります。

特に独学で勉強して資格を取得している人は、業務においても博識でアカデミックな方が多いです。

そう考えると、ある一定レベル以上の資格取得者というのは勉強するという姿勢が身についているのかなと感じます。

資格は”手段”であって”目的”になってはいけません。

上記でも記載したとおり、自分の実績を作る為のツールとして捉えることが大事です。

motoさんの転職と副業のかけ算では転職の際に現職での実績を残すことの必要性を述べています。

転職や副業に興味のある方は、面白いので是非一度読んでみてください。

自分の市場価値を把握する

キャリアアップが目的であれば、転職サイトなどを利用して今の自分の市場価値を把握してみるのがいいかと思います。

私も定期的に転職エージェントに相談し、いまより良い条件で働ける場所がないか探しています。

使用しているのはマイナビ転職MIIDAS(ミイダス) JAC Recruitment です。

使い分けは、ざっくり探すときはマイナビ転職、スマホで検索する用のミイダス、面談やエージェントとの情報交換用にJACといった感じです。

特にJACリクルートメントは非公開の求人が5割ほどを占めている様で、自分にあった条件のものはご連絡いただくようにしています。

サポートやフォローも手厚いです。

転職サイト選びは現在の自分のステージや目標を決めてから選んだ方がいいかと思います。

IT特化方やフリーランス案件向け、介護、女性専用など様々あります。

また機会があればまとめてご紹介したいと思います。

まとめ:資格はツールとして使う

資格は転職や就職時には重視されません。

重視されるのは”実績”です。

資格を取得している=実務ができるではないので、資格は実績を積み上げるためのツールと理解しておくと良いです。

ただし、ある程度のスキルが身についたなら、もう一度基礎知識に抜けがないか確認するため資格を取得するというのはいいかと思います。

また今のキャリアに満足していないのであれば、是非今の自分の市場価値を確認してみてください。

同じ業務内容でも、年収や労働環境が変わることは珍しくないです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました