amazonで買える!FUSION360用おすすめノートPCは?

スポンサーリンク
Fusion360
スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazonで最高の相棒を見つけよう!

パソコンは好きですか?

僕はこのmacbookを使い始めのころ、慣れないmacOSに四苦八苦しておりました。

それが今では動画編集やブログ、CAD、音楽作成など方時もはなれない最高の相棒になってくれています。

今回はあなたの相棒を探すお手伝いとして、みんな大好きamazonからFusion360を使うためのおすすめノートPCをご紹介いたします。

少しでもお役にたてれば幸いです。

ノートPCでFusion360を動かすメリット・デメリット

「そもそもCADって動作重いから、デスクトップタイプのほうがいいんじゃないの?」

という声も聞こえてきそうですが、ノートPCでFusion360を使用するメリット・デメリットについて確認しましょう。

メリット:場所にとらわれない作業が可能になる

Fusion360は場所にとらわれない作業が可能です。

Fusion360はクラウドベースのCADで、ネットにさえつながればどこにいてもプロジェクトにアクセス可能、モデル作成やDR(デザインレビュー)、シミュレーションを実施できます。

例えばフリーランスやノマドワーカーなどオフィスを持たない働き方ができる人は、自宅やカフェ、コワーキングスペースといった場所で気分転換しながら作業できます。

実際私もいろんな場所でブログを書いたり、Fusionでモデリングをしたりしています。

自宅とは違う新鮮さがあり、新しいアイディアや気付きを得ることができたりします。

またローカル(PC内)でデータを持つ必要もないので、ドライブ容量を圧迫する心配がないのも魅力ですね。

まとめるとノートPCで場所にとらわれず作業できるのは、現代の働き方にあった選択だと考えられます。

デメリット:PCスペックに対してコストが割高

同じ機能構成でノートPCとデスクトップPCのコストを比較すると、ノートPCが割高になる可能性があります。

これはノートの利点である”軽量・コンパクト”を実現するために専用パーツが使われており、また組み立て工数もかかることが原因となります。

ただし、デスクトップの場合には別でモニタやHDMIケーブルなど映像をうつすための設備に別途費用がかかるので、どんなモニタを選ぶかもコストに関わってきます。

選ぶモニタ性能によっては、ノートと同価格かそれ以上に高価になる可能性もあります。

その他にもカスタマイズ性でいうとデスクトップPCが優れていますが、あらかじめ高めにスペック見積もりをしておけば避けられるので今回のデメリットには含まないことにします。

まとめると、スペックに対してのコストはデスクトップPCと比べノートPCが割高になることもあるので注意してくださいということです。

Fusion360の動作環境を確認

さて、Autodeskが推奨するFusion360の動作環境は以下の通りです。

Autodesk公式サイトより引用

基本的なモデリングやレンダリングをする場合には、上記スペックがあれば問題ないということですね。

今のノートPCであればおおよそクリアできるレベルではないかと思います。

ちなみに私のMacbook Proのスペックは次の通りです。

SSDは128GBから1TBに載せ替えています。

モデリング中の動作もがたつきなく動いてくれています。

また少し複雑なモデリングを想定する場合には、以下のスペックが必要となります。

Autodesk公式サイトより引用

このスペックを想定すると、安価なノートPCでは少し難しくなる印象です。

Fusion360用おすすめノートPC

それではここからAmazonで買えるおすすめノートPCをご紹介します。

僕だったら次はこれ買うなーという基準で選んでみましたのでよければ参考にしてみてください。

【DELL】Inspiron 14 5000(5490)

このモデルはこんな人におすすめです!

  • 外に持ち歩くから見た目やオシャレさを重視したい
  • カラーは好きなものを選びたい
  • とにかくコスパがいいものがいい

ノートPCでは色の選択肢がない場合も多いですが、このモデルは4色も展開しています

Amazon公式サイトより引用

簡単なスペック表です。

ブランドDELL
モデルInspiron 14 5000
OSwindows 10
CPUIntel Core i5-10210U
Intel Core i7-10510U
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
512GB SSD(Core i7の場合)
グラフィックボードIntel UHD Graphics
NVIDIA GeForce MX230 2GB(Core i7の場合)
画面サイズ14インチHD(1920×1080)
重量1.42kg

またコスパで言えば、パフォーマンスモデルを選んでも10万円をきり、さらにグラフィックボードがNVIDIAのGeForceになり心強いのでおすすめです。

【LG】 gram

このモデルはこんな人におすすめです。

  • 画面は大きいほうがいいけど重いのは嫌だなあ
  • 充電なしで外で長時間使いたい
  • メモリやSSDをあとからアップグレードするかも…
  • がさつに扱うのでとにかく頑丈なやつがいい!

gramは15.6インチの画面サイズでわずか1120gのウルトラ軽量で、”gram”という名前に納得してしまいますね。

さらに最大22.5時間連続可動が可能なバッテリーを搭載しており、アメリカ軍の物資に適応される規格”MIL-STD-810”もクリアしています。

ハードなユーザーさんも安心して使用できそうですね。

Amazon公式サイトより引用

簡単なスペック表です。

ブランドLG
モデルgram
OSwindows 10
CPUIntel Core i5-8265U
Intel Core i7-1065G7
メモリ8GB
16GB(Core i7の場合)
ストレージ256GB SSD
グラフィックボードIntel UHD Graphics
Intel Iris Plus Graphics(Core i7の場合)
画面サイズ15.6インチHD(1920×1080)
重量1.12kg

メモリやSSDを後からアップグレードできるなど、カスタマイズ性にもすぐれているのであとからバージョンアップしていきたい人にはオススメです。

【富士通】FMV LIFEBOOK AHシリーズ

このモデルはこんな人におすすめです。

  • 外付けHDDにいちいちデータを移したくない!ストレージは大容量一択!
  • DVDを直接読み込める光学ドライブつきがいい
  • Microsoft Officeを最初から使いたい!

ストレージ容量は256GB SSDに加えて、HDDが1TBと文句なしです。

また今では少なくなった光学ドライブがついている為、PCでDVDをみたり動画を焼いたりする人にはいいですね。

ただ、その分重量が2.1kgと少々重めになっています。

簡易スペックは以下の通りです。

ブランド富士通
モデルFMV LIFEBOOK AHシリーズ
OSwindows 10
CPUIntel Core i7-8565U
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックボードIntel UHD Graphics
画面サイズ15.6インチHD(1366×768)
重量2.1kg

【Apple】 MacBook Pro

このモデルはこんな人におすすめです。

  • 美しいディスプレイは譲れない
  • Final Cut ProやLogic ProなどMacでしか使えないソフトも使いたい
  • とにかくかっこいい物しか持たないと決めている
  • Appleしか愛せない…

MacユーザーはCADを使おうとするとなかなか選択肢がありません。

そんな中でFusion360の利点の一つはMacOSに対応しているという点です。

カスタマイズはできませんが、Appleにしかない魅力がありますね。

簡易スペックは以下の通りですが、Apple正規店ではここにはないストレージサイズなどを選ぶこともできます。

ブランドApple
モデルMacbookPro
OSmacOS
CPUIntel Core i5
Intel Core i7
メモリ8GB
16GB
ストレージ256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
グラフィックボードIntel UHD Graphics(16インチ)
Intel Iris Plus Graphics
AMD Radeon Pro 5300(16インチ)
画面サイズ13インチ(2560 x 1600)
16インチ(3072 x 1920)
重量1.4kg
2.0kg(16インチ)

まとめ:さあ、相棒とでかけよう!

クリエイターにとって、ノートパソコンはよき相棒、最高のパートナーであるべきです。

毎日あなたのアイディアや真剣な顔を向き合ってくれます。

そしてもちろん、僕もこのMacbookを愛しています。

あなたはいい相棒をみつけましたか?

今回はAmazonで買えるFusion360用のおすすめノートパソコンを紹介いたしました。

安い買い物ではないので、良き相棒を探すつもりで向き合ってみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました